唐箕(とうみ)を使った選別作業風景です

黒豆の選別作業を昭和初期の機械
「唐箕(トウミ)」で始めてみました。

真心を込めて作っています。

脱穀した籾には、稲の葉や藁くずが混ざっています。これをさまざまな方法で取り除きます。風の力を利用する方法が風選 (ふうせん) です。風が吹くときに、籾と藁くずが混ざったものを高いところから少しずつ落とします。重い籾は下に落ちますが、軽い藁くずやゴミは遠くに飛ばされます。風が無いときは、筵 (むしろ) や団扇 (うちわ) 、農業用扇風機などで風を起こしました。

明治時代になると人工的に風を起こし、籾や藁くずなど、それぞれの重さごとに選別する唐箕(とうみ)が中国から伝えられました。風選の原理を応用したもので便利な装置です。一般の農家に広く普及したのは大正時代と言われています。(くぼたのたんぼ